キャリアプランの色々

SIerのエンジニアは残業が多いことで知られています。
元々作業に取り掛かるエンジニアの数が少ないなどの理由はありますが、プロジェクトを立ち上げる際のリーダーが不在である会社も少なくありません。
つまり最初にクライアントとしっかり打ち合わせをしていないことにより、必要な予算を確保できなかったり、適切な設計がなされないわけです。
そのためにSIerのエンジニアに負担がかかる結果となります。
そのような状態をいつまで続けるのかが大きな課題となります。
大抵は他の会社に移る選択肢を選びますが、そのような仕事環境を見てマネジメントに関する勉強をするエンジニアもいます。
つまり、上流工程でしかるべき仕事をすれば、プロジェクトに関わるエンジニアが苦労せずに済むのです。
このようにエンジニアの将来性は自分自身で決めることができますが、現在の職場環境を見てどのように感じるかに影響されることが多いものです。
業界自体の技術革新も早いものですし、使用しているプログラミング言語もいつ主流から外れるのか分からないものです。
それに伴って新たな技術を備えた新人のエンジニアが参入する中で、独立を目指す人も少なくありません。
専門性を高めることで、一般の開発企業では対応できない仕事を請け負うことができるからです。
このように、あくまでも開発業務にこだわって独立を目指す場合や、業界全体の課題を解決するために管理業務のスキルを身につける場合など選択肢はいくつもあります。
もちろん、残業の多いSIerから転職するのも一つの道です。
過重な労働に従事したからと言って、キャリアアップや昇給が約束されているとは限りません。
現在、自分自身が置かれている状況を見定め、エンジニアとしての道を全うするのか、新たな可能性を探ってみるかを考えてみましょう。
企業に残業を強いられるSIerから別の働き方にシフトすることも可能です。